労働奉仕

63 の用例 (0.00 秒)
  • 国家社会主義ドイツ労働者党の勤労組織、国家労働奉仕団総裁を務めた。
  • この追加雇用には緊急事業や1931年から始まった労働奉仕などがある。
  • この働きが評価され、1935年には国家労働奉仕団における総労働指導者に任命される。
  • 職は労働奉仕であって報酬を契約されてはいなかった。 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • が、一般の労働奉仕隊員は二百かせいぜい二百五十アローバである。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 末期に設立された国民突撃隊に国家労働奉仕団が吸収される可能性があったものの、ヒールルは自身の権力維持のためにこれを拒否した。
  • そのチェルヴィ家にイタリア軍の若い兵士十数人が訪れ、労働奉仕をするから匿まって欲しいと言って来た。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • いつ果てるとも知れぬこの労働奉仕ほうしが祈りであることに、なんら変わりはなかった。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 第2巻 文庫版』より引用
  • 国家労働奉仕団を経てドイツ国防軍の兵士として終戦を迎える。
  • 国家労働奉仕団とは、ナチス・ドイツで失業対策として設立された労働組織であり、第二次世界大戦中、ドイツ軍の支援を行った補助機関でもある。
  • 自転車競技場の建設にあたっては、市内主要大学の学生3407名を中心とする帝都青年労働奉仕団が作業を担当した。
  • 地域住民や青年団による労働奉仕によって相当の進捗を見たとは言っても、障害物の設置はほとんど行なわれず、また特に対戦車防御は極めておざなりであった。
  • 西側は、成人式参加者が寝起きする生活の場所であり、参加者は一定の期間周壁の建設などの労働奉仕を行うために集められた。
  • チェはみずからいい出して、政府職員の労働奉仕を行なった。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 「社会的な自覚が労働奉仕では重要なのだ」と話す。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • いまでは国際的な規模になっている砂糖キビ刈りの労働奉仕も、もともとはチェのはじめたものだった。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • ナチス・ドイツの時代、国家社会主義ドイツ労働者党の党員として広報担当の役職や国家労働奉仕団の総労働指導者などを務めた。
  • 彼らは家畜でもって、重荷になるほどの税を納めなければならなかったばかりでなく、彼らのうち力のある者はみな労働奉仕をしなければならなかった。 マン/佐藤晃一訳『トーマス・マン短編集2』より引用
  • 減刑のための労働奉仕として建物の修繕を行うために、8人の若者とその監督役である監察官2名が古いホテルを訪れた。
  • その後、非ナチ化裁判で労働奉仕9年の判決を受ける。
  • 次へ »

労働奉仕 の使われ方