努力

全て 名詞
24,068 の用例 (0.02 秒)
  • 人間は自分を不幸にすることのために、努力するものではないと思うが。 池谷信三郎『橋』より引用
  • いうまでもなく芸術と哲学とはこの内部生命の表現的努力の二途である。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • おそらく今もどこかで血の出るような努力をつづけていられることだろう。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • それに私をかくのごとく死の努力を続けさせる大きなわけがあるのである。 海野十三『放送された遺言』より引用
  • また私達の平和を目的としない信念や、努力は何の価値がありましょう。 小川未明『草木の暗示から』より引用
  • 彼は、しかし、今は次郎の努力を買ってやりたい気持でいっぱいだった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • ところがこの女が私の食膳をひそかに豊富にすることに努力してくれた。 小出楢重『大切な雰囲気』より引用
  • この十カ年間の大王の努力は戦争研究者の特に注目すべきところである。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 生きられるだけ生きようとする努力が、常に彼等の行動を支配してゐる。 岸田国士『北支物情』より引用
  • 多くの人はこれをもって二つの道を一つの道になしえた努力だと思っている。 有島武郎『二つの道』より引用
  • その向きの人は自分の努力に何の価値をも認めていぬ人と言わねばならぬ。 有島武郎『二つの道』より引用
  • 強ひて自己を他人と異れる者にしようとする努力は人生の外道に過ぎない。 阿部次郎『三太郎の日記 第一』より引用
  • 私も老人の真似をしてよく森林を駈け歩き彼らに負けまいと努力した。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • 少なくとも、学生にそういう理解を与える努力が意識的に行われていない。 末弘厳太郎『法学とは何か』より引用
  • 自分で努力し研究するひとなら、なにも別に学校へ行かなくともよい。 北大路魯山人『個性』より引用
  • だが、山田さんの努力を感謝する心で、その中から、少しばかり抜いた。 折口信夫『橘曙覧評伝』より引用
  • 十一歳でありますがどうしても、幾ら努力しても弱いからしかたがない。 倉田百三『生活と一枚の宗教』より引用
  • しこうして夫婦はできるかぎりの貞潔を保たんことを努力すべきである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • そうしてお互いの『自己』を発揮するために思い切って努力してみたい。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • 男は娘を自分の宿へ連れて帰つて介抱し、力づけてやるために努力した。 坂口安吾『孤独閑談』より引用
  • 次へ »