助長行為等

6 の用例 (0.00 秒)
  • 差別助長行為等として掲げられている行為は、次の通り。
  • また、差別助長行為等の禁止を定めた。
  • 人権委員会は、差別助長行為等が現に行われ、又は行われたと認めるときは、当該行為をした者に対し、理由を付して、当該行為の停止等を勧告することができる。
  • 人権委員会は、上記1から3までの人権侵害又は差別助長行為等について必要な調査をするため、次に掲げる処分を行うことができる。
  • また、人権委員会は、差別助長行為等をした者に対し、勧告をしたにもかかわらず、その者がこれに従わない場合において、当該不当な差別的取扱いを防止するため必要があると認めるときは、その者に対し、当該行為の停止等を請求する差止め訴訟を提起することができる。
  • 人権委員会は、不当な差別、虐待等、差別助長行為等、次に掲げる人権侵害については、一般救済のほか、次に掲げる措置を講ずることができる。

助長行為等 の使われ方