助教授

全て 名詞
2,440 の用例 (0.01 秒)
  • おどろいたことに、私を教えた教授や助教授は一人も生きていなかった。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • その後、多は東京音楽学校の助教授・教授を経て、大正9年に死去した。
  • 助教授になったら結婚しようと決めている相手がいるわけでもない。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 東京大学の合原一幸助教授に聞いた話が面白いのでちょっと紹介しよう。 赤瀬川原平『優柔不断術』より引用
  • きのうの新聞に、二十五歳で大学の助教授となった青年の記事が出ていた。 宮本百合子『若き時代の道』より引用
  • 赤松助教授は、トラを目の前にしても、恐怖を感じなかったのだろうか。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 赤松助教授が何を考えていたのかは、ますます早苗の理解を絶してきた。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 三十一歳のフランス文学の助教授であるは妻を伴ってやってきた。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 卒業後の2年後には東京美術学校の助教授になり、後に教授を務める。
  • 米国で大成功を収めた桐生助教授が、日本に帰国したのは何故だろう。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』より引用
  • 無理に笑う彼女のカップに助教授は二杯目のコーヒーを注ぎ、静かに言う。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • また安藤助教授は偶然にも放射線科の主任教授と旧知の間であるという。 外村繁『澪標』より引用
  • たしかにあの午後、柴田助教授アスプロの部屋で断ろうと思えば俺は断れたのだ。 遠藤周作『海と毒薬』より引用
  • この山道ならば、助教授や講師といった連中でもちょっと難しいだろう。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 彼は膝の上で手を組んで、黙ったままでいた助教授に質問した。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 武田の夫は市内にある大学の助教授で、その関係で武田は教育委員をしているのだ。 篠田節子『死神』より引用
  • 待っていましたとばかり、助教授の長身が席からぬっくと立ちあがった。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • 幹部たちには、助教授のことばの中にある重大性がよくわかった。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • 送られる助教授は帰って行く人で、送る連中は残っているものだ。 島崎藤村『新生』より引用
  • 戸水は助教授時代にイギリスに留学したが、官命は英国法律研究にあった。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 次へ »