助手

全て 名詞
11,491 の用例 (0.01 秒)
  • 柄こそ大きくても青年は医科大学を出たばかりで二十五歳の助手だった。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • 他にも優秀な助手たちが必死になって考えてくれていることであろう。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • 陳氏は小さな支那の子供の狼煙の助手も二人も連れて来ているのでした。 宮沢賢治『ビジテリアン大祭』より引用
  • 紳士は大きく頷いて見せると、鞄を持って運転手の横の助手席へ移った。 大阪圭吉『白妖』より引用
  • そういう忙しさで私一人では助手なしでは迚もつかれてしまいますから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 妻も私の研究に非常に興味を持ち、私の助手として働いてくれました。 小酒井不木『人工心臓』より引用
  • どうも僕は少し調子に乗って、助手たちに英語の披露ひろうをしすぎたんだ。 太宰治『パンドラの匣』より引用
  • これではほとんど、Kはフリーダの第三の助手のようなものではないか。 原田義人『城』より引用
  • 目をこすって相手を見ると助手であり、時計をのぞくと午前四時だった。 星新一『きまぐれロボット』より引用
  • この団地で偶然ぐうぜん近所同士となって、並子探偵の助手をつとめているのだ。 赤川次郎『こちら、団地探偵局』より引用
  • ハン博士の助手だったが、今は六十歳をよほど越したお婆さんのはずだ。 永井隆『長崎の鐘』より引用
  • 花壇に働く男女の助手たちは彼の部下で、その部下にも見張らせている。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • しかし、それならば助手席の窓ガラスに飛び散った血しぶきは何なのか? 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 八台めに現れた赤いスポーツカーの助手席のドアが開き、メイが降りた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • からだは大きいが胆玉きもったまの方は、それほど大きくないのがこの大辻助手だ。 海野十三『人造人間エフ氏』より引用
  • 男は助手席から渉に拳銃を向けたまま、運転席にいた男に声をかけた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 同じ人間と思って見ても、最初に紹介された若い助手には、見えなかった。 西村京太郎『闇を引き継ぐ者』より引用
  • たしかに花壇の赤い花と緑の葉との間で働いていた女助手の一人だ。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • こうしてある浅い春の朝、マイクとその助手の二人の若者がやってきた。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • と母にいわれてほっとした頃、写真屋さんが助手を連れて到着した。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • 次へ »