加藤

全て 名詞
16,545 の用例 (0.02 秒)
  • 水原も今日から二、三日は動かないのではないか、と加藤は読んでいた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 今は私が書記長であるが、加藤君が組織局長として協力してくれている。 浅沼稲次郎『まあまあ居士の弁』より引用
  • 佐藤師団長はこの電報を自分で書いて、加藤参謀長に渡すときにいった。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 振り返って沖を見わたすと、加藤を乗せた漁船はすでに姿を消していた。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 年が改まってからも今までのとおり時々お宮を呼んで加藤の家に泊めた。 近松秋江『うつり香』より引用
  • 彼が入っていくと黒い服の男が現れて、加藤様でしょうか、と訊いてきた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • それは、加藤さんの議論が提起される前からあった立場からの反論です。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • 彼女の姿が見えなくなるのを確認してから加藤もその場を動いた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 銀座で流しをやっている加藤謙三は、いまにも泣き出さんばかりである。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』より引用
  • 加藤は上着のポケットから携帯電話を取り出しながらその場を離れた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 矢場がそう言ったとき、ドアが開いて見覚えのある加藤大三が現われた。 宗田理『2年A組探偵局 仮面学園殺人事件』より引用
  • 彼女がそこまでいったところで加藤は笑いながらかぶりを振った。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 時間は確実に流れ、人の心も変わっていくのだと加藤は再認識した。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 加藤組の私服たちはジリジリしながら主任の来るのを待っていたらしい。 久生十蘭『肌色の月』より引用
  • そんなことを考えながら加藤はアパートの階段を上がっていった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • とにかく彼女のそばにいれば、水原が現れるはずだと加藤は確信していた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • そんな不気味な計画を思いつける存在を、加藤保憲は他に知らなかった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 大晦日おおみそかにはちょうど昨日帰ったという加藤の家を音信おとずるることができた。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • ところが細川京子は八時に来る客の名前を加藤青年には話していない。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 顔色の悪い、四十代半ばと思われる女性が隙間から加藤を見上げた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 次へ »