加耶系渡来人

46 の例文 (0.00 秒)
  • つまり天日槍とは、新羅・加耶系渡来人集団の象徴となっているものだということである。 ...
  • それは新羅・加耶系渡来人の秦氏族であったにちがいない。 ...
  • たとえば本文にもあるように、新羅・加耶系渡来人集団の一象徴となっている天日槍がそれである。 ...
  • つまり旗頭山の旗とは、機織ということもそれから出た新羅・加耶系渡来人の秦氏からきたものだというのだった。 ...
  • これら唐・波多・半田はどちらも新羅・加耶系渡来人集団のはた氏族と関係がある。 ...
  • 天日槍というのは新羅・加耶系渡来人集団の象徴のようなものであって、そういう「王子」などといったものではないということは、これまでにも私は何度かふれている。 ...
  • つまり、そこに新羅・加耶系渡来人だった秦氏族がいたのは、何のふしぎもないことであるばかりか、むしろ当然なことといわなくてはならない。 ...
  • もしかするとそこは、新羅・加耶系渡来人集団であるはた氏族の一派が住んだところではなかったかと思われたが、私は先を急がなくてはならなかった。 ...
  • 新羅におけるその発展が、新羅・加耶系渡来人の集住地であった出雲の先進的な古代製鉄にも大きく反映していることは、いうまでもないであろう。 ...
  • この地一帯は新羅・加耶系渡来人集団の象徴となっている天日槍の濃厚な伝承地で、ここに「伊都国王墓」の三雲遺跡がある。 ...
  • さきの祖母山とともに、この久住山という山名も新羅・加耶系渡来人が分布した跡をしめすもので、そのことは近くの竹田市から朝鮮製の珍しい小銅鏡が出土していることでもわかる。 ...
  • してみると、これも「この地一帯に勢力を得た」新羅・加耶系渡来人「豪族の墳墓」だったものにちがいない。 ...
  • それが「出石族」といえるものかどうかは別として、但馬や播磨とともに右の丹波・丹後も新羅・加耶系渡来人の集住地であったとみられるところである。 ...
  • まず、一般的にわれわれは『日本書紀』をどう読むか、ということがあるが、ここにみられる都怒我阿羅斯等の伝説は、新羅・加耶系渡来人集団の象徴となっている天日槍あめのひぼこのそれと同じものである。 ...
  • そして能坂氏は、さきにみた新羅・加耶系渡来人集団の象徴ともいうべき天日槍を祖神とする尾張氏族が日本海側にもあったことを指摘し、熱田神宮を祭っていた尾張氏族もそれではなかったかとしているが、この説にはうなずかれる点が多いように思う。 ...
  • そのことについては、さきの西都原古墳群における男狭穂塚古墳の被葬者をみたときにもふれているが、新羅・加耶系渡来人集団である秦氏族の集住地であった豊前国・豊後国は二国に分かれるまでは豊国であったと同時に、それはまた韓国でもあったからだった。 ...
  • 天日槍を象徴とする新羅・加耶系渡来人集団は、別にまた天日槍のそれをとって天日槍集団または天日槍族ともいわれているが、その集団がもっていた鉄文化のことについては、宍戸儀一氏の『古代日韓鉄文化』にくわしい。 ...
  • 次へ