加瀬

全て 名詞
1,094 の用例 (0.01 秒)
  • それまで氷のように無表情だった加瀬の顔が、一瞬にして憤怒ふんぬに震えた。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • と意味あり気な挨拶を残して、加瀬実代子に送られて出て行ったのであった。 梶山季之『わが鎮魂歌』より引用
  • 加瀬警部もつい二、三日前、雑誌でその名前をにしたばかりだった。 高木彬光『幽霊西へ行く』より引用
  • 加瀬は半ば失神した成田を仰向けにして顎に手をかけ、岸へと向かった。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 東京に今年初めての雪が降ってから二日後、加瀬は関東拘置所を訪ねた。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • あとは、運転席に一人で加瀬が座っているという事実しか判断材料がないのだ。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • これで助手席から加瀬を運転席に引っ張ってくるのが楽にできるようになった。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 二軒目の店に移ってからは、だれもが加瀬に酒をすすめることは控えた。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 加瀬は、感謝の言葉を述べ、二人で進めている仕事の進捗しんちよく状況を説明した。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 母親の自殺を知ったとき、加瀬には、幾つかの歯軋りが聞こえた気がした。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 生気を失った冥い榊の顔を、指の間から見ながら、加瀬は小さく言った。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 加瀬は運転席にドサッと身を戻し、それからおもむろに岸部の顔を見た。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 一方、加瀬の方は気が気ではない、列車出発の午後五時が刻々に迫って来る。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 外務省内では入省年度が早い彼と区別するため「小加瀬」とも称された。
  • 加瀬は赤く染まった顔をさらに赤くしながら、酒臭いしゃっくりをした。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 加瀬は亮輔に手を取られて護岸壁を降り、ママチャリの後ろに跨がった。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 二日後、加瀬のもとへ電話があり、三月十七日の放送で流す、と伝えてきた。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 加瀬さん、とにかく車をどこかに置いて、タクシーで帰りましょう。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 深夜加瀬の部屋をノックする者がいるのであけてみると若い美人の芸者であった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • まさかね、と言いながら、加瀬は枝きれで布のまわりの土を掘りかえした。 皆川博子『光源氏殺人事件』より引用
  • 次へ »

加瀬 で始まる単語