加水

全て 名詞
1,135 の用例 (0.02 秒)
  • 加水分解とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のこと。
  • 塩分が非常に強いため、室内の浴槽では加水希釈を伴って使用している。
  • 小麦グルテンの加水分解物から初めて発見されたことからこの名がついた。
  • 副経路 は病原体表面で直接C3の加水分解が行われることで開始する。
  • 必要以上の加水が行われた場合には特に発生しやすい。
  • DNAの酸加水分解による方法なので、強酸を用いた固定法は使えない。
  • 水と反応して容易に加水分解を受け、危険な腐食性生成物を生じる。
  • お湯割りとの違いは、加水を行わないで、酒の温度を上げている点にある。
  • 最も一般的なものはリパーゼやエステラーゼなどの加水分解酵素である。
  • これとは逆の水が消費される反応は加水分解と呼ばれる。
  • 加水分解の条件を適当に調整して、1級アミドへと導くことも可能である。
  • 反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。
  • 施設では、源泉掛け流し、加温・加水なしで温泉が提供されている。
  • 灰色を帯びたものは加水分解生成物などの不純物を含んでいる。
  • その後加水分解と酸による環化により、4つの立体異性体を合成している。
  • また空気中の湿気などで加水分解を受けやすく、対応するケトンを与える。
  • 乾式とは違い、加水分解などで素材が破損しない限り再利用が可能である。
  • この手法が最初に用いられたのはキモトリプシンによる加水分解反応の研究であった。
  • 加水分解により過酸化水素を生じるため、その生産に利用されたこともあった。
  • この酵素は加水分解酵素に分類され、特にチオエステル結合に作用する。
  • 次へ »