加害

全て 名詞
2,038 の用例 (0.02 秒)
  • 一方加害者でもあるが被害者でもあるとする事実の指摘も近年では多い。
  • 彼等は被害者と加害者がはっきりしている事件以外には関心がないのだ。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 同じ人間が加害者にもなり、被害者にもなる可能性をそなえていたのだ。 大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』より引用
  • 最初に、このような被害者と加害者との関係をはっきりとさせておこう。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • それとも過去の被害者で、未来に向けての潜在的な加害者なのだろうか。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • だから、被害だけが発生して、誰も加害者がいないように見えるのです。 岩月謙司『男は女のどこを見るべきか』より引用
  • こういう問題では、たいてい男は加害者であり、女は被害者なのだから。 源氏鶏太『停年退職』より引用
  • 男性加害容疑者と女性被害者という構図の裁判での影響が問題視された。
  • やがて、加害者たちが犯行直前に出会ったとされる男の存在が判明する。
  • すると、いきおい加害者は女の服を着ていたということになりましょう。 久生十蘭『金狼』より引用
  • 簡単にいえば加害者は目の前に倒れている若い男一人だけではない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 普通に考えて、被害者か加害者のどちらかであることははっきりしている。 クイーン/真野明裕訳『七匹の黒猫』より引用
  • これは加害者が男性の場合に顕著であるが加害者が女の場合にも見られる。
  • 加害者のくせして被害者みたいな顔してるのが、なおのこと怒りを誘う。 柴村仁『我が家のお稲荷さま第01巻』より引用
  • 術式、あるいは武器と違って、毒攻撃は加害者の特定が非常に困難なのだ。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 負けを覚悟の連中が集まって、運一つで、被害者にも加害者にもなる。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • 死の直前、窒息の苦痛から加害者の腕などに爪を立てたときのものらしい。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 同時にその加害者である信長の狂気を思うと、という気持が募ってくる。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 加害者側は海老蔵が石元に対する頭突きに対応した過剰防衛を主張した。
  • 取引番号を入力すると説明し加害者が言う数字を一桁ずつ打ち込ませる。
  • 次へ »