力セン

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その為、殿上において剣を振り回し、力戦するよう左右の者に大呼した。 ...
  • その後、6艘の船のうちの1艘に乗り、敵船団へ深く侵入して力戦した。 ...
  • 田中の碁は「地を取るのが嫌い」であり、中央志向の力戦派であった。 ...
  • 振り飛車党の力戦派で、独特の大局観と受けが強烈な異能派棋士である。 ...
  • 彼は銃丸たまの中をくぐりぬけながら、力戦している警官隊の方へ進んでいった。 ...
  • 僅か五人で斬込んだのであるから、その力戦振りも思ひやられる。 ...
  • 通常の戦型の分類に当てはまらない進行を見せる将棋は、力戦型と呼ばれる。 ...
  • かわって、日露戦争の近接火力戦の主人公として新しく機関銃が登場した。 ...
  • この形では佐藤康光が採用している力戦向かい飛車穴熊も知られる。
  • 本因坊道策の弟子であったが、道策流の理論的な布石よりは力戦的な碁であったとされる。 ...
  • 願の衆は多いといえども、みな新たに帰属したばかりであり、力戦する事は無いでしょう。 ...
  • だが、桓温もまた兵を率いて力戦したので、最終的に前秦軍は大敗を喫した。 ...
  • 盧俊義は単騎単鎗で四人の蕃将と力戦して、いささかもひるまなかった。 ...
  • 段文鴦は数百の親兵を率いて力戦したので、かろうじて厭次に入城する事が出来た。 ...
  • この時、ナンギャダイ軍は包囲されかかったが力戦して逃れ、カイシャン軍と合流した。 ...
  • なおいずれにも分類できない戦型は、単に相居飛車力戦等として一括りに呼称される例も見られる。 ...
  • つまり、解剖学まで応用し、科学の粋をつくした力戦苦闘なのである。 ...