劉邦

全て 名詞
1,013 の用例 (0.02 秒)
  • このため韓王成に仕えていた張良を劉邦の元へと走らせることになった。
  • 宝塚の馬は項羽と劉邦がはじめて登場する時に乗って現れてくるだけだ。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 漢を建国した劉邦は、父親が生存中に皇帝になった最初の皇帝であった。
  • 韓信はこの厚遇に応え、劉邦に漢中の北の関中を手に入れる策を述べた。
  • 劉邦は慌てて脱出したが、劉太公と呂雉が楚軍の捕虜となってしまった。
  • 元は沛の豪族で有力者であり、王陵とは仲が良く劉邦とは仲が悪かった。
  • 劉邦は連合軍に対して全軍の指揮を執らず、各国の軍に指揮を任せていた。
  • それを知った劉邦は激怒して豊を攻めたが、取ることが出来なかった。
  • 秦滅亡後の楚漢戦争に勝利した劉邦によって建てられ、長安を都とした。
  • 劉邦が罪を犯して逃亡した際も、盧綰は劉邦と行動をともにしたという。
  • 項羽は劉邦が自分を出し抜いて王となる気だと思い、怒って殺そうとした。
  • しかし護衛の兵は陣外に留め置かれ、本営には劉邦と張良だけが通された。
  • 秦による統一後は衰退したが、劉邦の死による混乱期を経て再興した。
  • 漢王朝の創始者である高祖劉邦は、皇帝になるまえに漢中王となった。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 功績を横取りされたと感じた項羽は大いに怒り、劉邦を攻め殺そうとした。
  • 間もなく、劉邦は群臣を招いて宴会を開き、父・太公もその席に招いた。
  • 完全包囲の中劉邦は楚の国の歌を歌わせ、四面楚歌の言葉が生まれた。
  • これは漢の高祖劉邦が、建国の大功臣である蕭何しようかに与えた特典であった。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 劉邦に太中大夫として仕え、酈食其らと同じく説客として外交を担当した。
  • 天下統一後、劉邦は周苛の功に報い、周苛の子の周成を高景侯に封じた。
  • 次へ »