劇団

全て 名詞
6,684 の用例 (0.02 秒)
  • 多くの人々は劇団を去り、舞台を捨てて他に生活の方法を求めていった。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • そうして更に彼らに対抗すべく理想的の新劇団を組織しようと考えた。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 劇団だけではくえないのだから当然だが、積極性を評価する空気がある。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 当時文学座などの一般の新劇団の入場料は一円三十銭位だったように思う。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • 劇団の絶対権力者である重森にうまく取り入り、役を手に入れることだ。 鈴木光司『バースデイ』より引用
  • その夏の公演のあいだ、私は劇団について、その他の小都市をまわった。 辻邦生『北の岬』より引用
  • 劇団に関係ある作者は、このことを十分考慮に入れることが得策である。 岸田国士『新劇の始末』より引用
  • 劇団は五十幾つも参加しているのだから、そのうちのどれだかわからない。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 我々はこの劇団の約束をすぐ作ったが、それは次の二つだけであった。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • その意味では、人間と劇団にはよく似たところがあるのかもしれない。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 劇団自体もだんだんに組織化され、安定した勢力をもつようになった。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • それはほかの劇団員も、またかもしか荘の従業員の印象も同様であった。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 彼は退職を覚悟の上で、その若い劇団に一週間ホールを貸す約束をした。 原田宗典『人の短篇集』より引用
  • 劇団の宣伝のチラシ配りや大道具のしごとを好きでもないがやっていた。 大道珠貴『しょっぱいドライブ』より引用
  • ムシャクシャして劇団の事務所に行くと劇団員のSが青い顔をしていた。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • 舞台があってもなくても、劇団員というのは夜になると酒をのむのだ。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 夜は勉強しているか、小劇場でよその劇団の芝居を観ているかである。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 一昨年辺りから舞台に出始め、その頃から劇団の人気も急上昇して来た。 北村薫『覆面作家の愛の歌』より引用
  • そして彼は劇団に所属しない個人のなかからの委員に選出された。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 妻は自分のいた劇団の芝居は今までも見に行ってたと言ってた。 内田春菊『ぬけぬけと男でいよう』より引用
  • 次へ »