創設した私塾

6 の用例 (0.00 秒)
  • 綴子には英泉の先祖である、11代常覚院実明が庶民教育のために慶安年間に創設した私塾の内館塾があった。
  • キリスト教無教会主義の創設者である内村鑑三の地方伝道の意思を受け継ぎ、後に初代校長となった鈴木弼美が、1934年に創設した私塾が母体であり、戦後新制の高等学校となった。
  • 明治末期~大正期の教育者である中村春二が、高等師範学校附属中学校時代からの友人であった、岩崎小弥太と今村繁三の協力を得て創設した私塾「成蹊園」が母体となっている。
  • 明治~大正期の教育者・中村春二が、高等師範学校附属中学校時代からの友人である三菱財閥4代目総師・岩崎小弥太と今村銀行頭取・今村繁三の協力を得て創設した私塾「成蹊園」が母体となっており、その後成蹊実務学校、旧制成蹊高等学校を経て1949年に新制大学となる。
  • 明治末期~大正期の教育者である中村春二が、三菱財閥総帥の岩崎小弥太、今村銀行頭取の今村繁三の協力を得て創設した私塾「成蹊園」が母体となっている。
  • また、維新後の和歌山における慶應義塾を範にとった変則中学の展開や、中井芳楠・長屋喜弥太が創設した私塾自修社、同地の義田結社「徳義社」の結成など、紀州藩との密なる関係がみてとれる。