創意工夫を加え

8 の用例 (0.00 秒)
  • 彼が創意工夫を加えた示現流は古示現流と呼ばれた。
  • また植芝盛平の弟子が、その教えに独自の創意工夫を加え分派創設した団体も多く、それらの団体の中には、もともと試合のない合気道に、組み手や試合を取り入れている団体もある。
  • 江戸時代に、中津藩出身の医師である田中信平が長崎で蘭学を学んだ際に目にした清国伝来の料理をもとに、中津の菓子匠が創意工夫を加えて作り上げたものとされる。
  • 剣術家として有名となり、多くの弟子を養成したが、技に自らの創意工夫を加え、従来の剣術と区別するため、天心独明流と称することにした。
  • 天正17年、国分郷の鳥越に帰り、天真正自顕流にタイ捨流の技術を組み合わせて独自の創意工夫を加えていった。
  • 貞記は創意工夫を加え、気候・風土に恵まれた霧深い都城盆地の名産として今に続く都城茶を創り出した。
  • その歴史は楊式太極拳の創始者であった、楊露禅の支援者であったとされる中国河北省永年の名家武一族の武禹襄が楊露禅に陳長興の拳法を学んだ後に、陳長興に直接指導を仰いだが叶わず、河南省陳家溝の隣村の趙堡鎮に住む陳清萍の趙堡架式を学び、これにさらに創意工夫を加えて成立した。
  • 安岡正篤の教学、中村天風の心身統一法、藤平光一の心身統一合氣道を統合し、「人間学合氣道」と称して、技は心身統一合氣道を踏襲しつつ、独自に創意工夫を加え、老若男女、広く一般に稽古ができるよう合気道とともに剣・杖・居合を併修している。