創始

全て 名詞
3,840 の用例 (0.01 秒)
  • また、史上初めて創始者と共通の思想を持った経済学派であるとされる。
  • 汽船事業は、カナダ太平洋鉄道の創始期から重要な部分を構成してきた。
  • それゆえブゾーニのことを新古典主義音楽の創始者と見なす向きもある。
  • 精神物理学という学問を創始し、実験心理学の成立に大きな影響を与えた。
  • 王や皇帝が神や文明創始者の子孫を称する例は洋の東西を問わず数多い。
  • イタリアのファシスト党は無線通信技術の創始者をマルコーニだとした。
  • 今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。
  • 創始者の後をけたプトレマイオス二世の時代は大躍進の時代となった。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • この染物屋がどうしてまた吉岡流とも呼ばれる剣法の創始者となったか。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • 北漢の創始者である劉崇は、後漢の創始者であった劉知遠の弟である。
  • その創始は日本がまさに情報化時代に突入していく1980年代に遡る。
  • 創始者である河井道の言葉で が建学の精神として定められている。
  • 創始者王建は許州舞陽の人で、黄巣の乱の鎮圧に加わって功績を挙げる。
  • プラズマ宇宙論の創始者ハンネス・アルベーンは次のように述べている。
  • 特に創始者の場合、ほとんど神格化されているといっていいでしょう。 野坂昭如『てろてろ』より引用
  • 日本舞踊の創始者は、腰骨神経痛で苦しみ抜いた人ではなかったろうか。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • これがその創始者の名をとって「川柳」と呼ばれることになったのである。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • 群馬県の大古墳の創始も、この辺に真実が含まれてはいないだろうか。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 01』より引用
  • しからばこの「統計学」という名称の創始者はそもそも何人であろうか。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • いうまでもなく、現象学の創始者フッサールを目指してのことである。 熊野純彦『レヴィナス入門』より引用
  • 次へ »