創刊

全て 名詞
5,675 の用例 (0.01 秒)
  • その話というのがひどく急なことでね、四月に創刊号を出すと云うんだ。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 各地の大学に新しいプログラムが開設され、新たな学術誌が創刊された。
  • 亡父がこの《映画情報》の一九三〇年の創刊に編集長だったからである。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • そのため創刊号から、既に連載途中の作品がいくつか掲載されている。
  • 私は何にも知らずに、そのうすっぺらな創刊号を手にしたのであった。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 創刊号には白秋の作品だけでも百五十首を超える歌が収載されている。 内田康夫『日光殺人事件』より引用
  • ただし背表紙や表紙そでの基本デザインは創刊時から変更されていない。
  • 主宰者の柴野拓美氏は、創刊当時の星氏の印象を次のように記している。 星新一『ごたごた気流』より引用
  • 創刊号より『第三世界の長井』を連載開始し、現在も連載が続いている。
  • 創刊当時からプロレスを大きく扱い、他に競馬・風俗関係の記事に強い。
  • 創刊号の表紙裏にジョージ・ワシントンの言葉を英語とその漢訳で掲げた。
  • 創刊当初より、本誌はホビーメーカーの宣伝的な要素を強く含んでいる。
  • 大学時代の最後の年、大正五年の二月に第四次「新思潮」が創刊された。 芥川龍之介『羅生門・鼻』より引用
  • 雑誌『新日本文学』が創刊されたのは昭和二十一年三月一日である。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • このためか、創刊当時から自動車メーカーの広告を掲載していない。
  • 岡山県では県紙で1889年創刊の山陽新聞を中心に購読されている。
  • なお、記載順は月刊誌として定期刊行が開始された創刊年度に従った。
  • 創刊号が出るまで、女子大生のあけみのマンションが仮事務所になった。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • 自分は文芸春秋の創刊当時から屡々感覚と云う言葉を口にして来た。 横光利一『新感覚論』より引用
  • 昭和七年、雑誌「劇作」の創刊は、この運動の明確なスタートであつた。 岸田国士『二つの戯曲時代』より引用
  • 次へ »