割る

全て 動詞
1,591 の用例 (0.01 秒)
  • この時既にその謎の船と艦隊中央との距離は1万メートルを割っている。 九条公人『超仮想戦記 リヴァイアサンの伝説』より引用
  • そのガラスは特殊なもので、どんな方法を使っても割ることはできない。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 扉が割られ、男がはいってきて、二人ともひどい目に会うのだと思った。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • その卵を割ると中から男の子が出てきたので、村長たちはこれを育てた。
  • もうすこしのことで椅子の角で頭を打ち割るところだったじゃないの。 バルザック/小西茂也訳『ゴリオ爺さん』より引用
  • 正直なところ、両者の口を強引に割らせないことには推測すいそくの域を出ない。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』より引用
  • 向かいがわの扉を叩き割ると、細長い廊下が奥へ伸びているのが見えた。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 椅子でもって、戻ってきたところを狙ってあの男の脳天を叩き割るかね。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 警察の連中が、鍵のかかっていないドアをたたき割ろうとしているのだ。 ハメット/砧一郎訳『コンティネンタル・オプ』より引用
  • そいつがあなたに口を割っては、風見を消した意味がありませんからね。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • ぼくたちはその店の娘を呼び、水で割ったブランデーを一杯ずつ飲んだ。 ヘミングウェー/高村勝治訳『日はまた昇る』より引用
  • 衝撃に強く、針のように先端のとがった物でないと割ることができない。
  • つかまえたところで、あの二人が口を割るという保証がどこにあるのか? ルブラン/山辺雅彦訳『水晶の栓』より引用
  • こんな動きのとれない状態じゃ、頭を叩き割られるのがオチではないか? 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(下)』より引用
  • このとき頭幅ヽヽ頭長ヽヽで割って一〇〇を掛けた値が、大いに問題である。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 弾が額を割っており、意識を取り戻すにはしばらく時間がかかるそうだ。 三上於菟吉『踊る人形』より引用
  • 同じ一時間でも私共は薪を割ったり何かして一時間たってしまうでしょう。 宮本百合子『幸福の建設』より引用
  • そこでまず最初に行う訓練が、鋳鉄のナイフを拳のみで叩き割ることだ。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 彼が仲間とともに証拠湮滅いんめつに成功し、決して口を割らなかったがためだ。 小林秀雄『考えるヒント』より引用
  • 屋敷の角まで来たとき、塀の中からまきを割る音がかすかにひびいて来た。 藤沢周平『隠し剣孤影抄』より引用
  • 次へ »