割り

全て 名詞 動詞
5,597 の用例 (0.03 秒)
  • だれかがやらなくてはならない役割りが、こっちへ回ってきたのだろう。 星新一『地球から来た男』より引用
  • たちまち、この林の中は聖書の世界の中に割りつけられたようであった。 石川淳『焼跡のイエス・処女懐胎 他』より引用
  • 彼女はわが船長の生涯において、いかなる役割りを演じたのであろうか。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • すでに述べたように、この老人の脇にカドルッスが割りこんだのである。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 誰でも毎日のように玉子を割りますが注意しなければ知らずにいます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 刃があまり深く入らないように注意しながら、ごきごきと割り広げた。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • 流れに割りこんでいくには、よほどの無理を覚悟しなければならない。 ウェルズ/宇野利泰訳『宇宙戦争』より引用
  • ワベルスキーはこの事件の中で、たしかにある役割りを果たしています。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • 半分か、少なくとも三ツ割り一つ分ぐらいの礼は、するのが常識である。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 後から割りこんだ自分にできる、精一杯の供養のつもりだったのだろう。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • すでにお城や樹木の書き割りは設置し終わり、あとは開演を待つばかり。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • この男は年齢の割りには女に関してひどく老成しているようなところがある。 森村誠一『凶通項』より引用
  • 先程の橋と同様に、これも丸太をたて割りにした粗末なしろものである。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 集中力というのは、私の考えるところ「意識のコマ割り」の多さである。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 夫人の話に割りこむのは、まわっているなわとびに入るようなものでした。 ジョーンズ『ハウルの動く城01 魔法使いハウルと火の悪魔』より引用
  • 講義の、その日の時間割りをすべて終えて、僕は下校することになった。 西尾維新『少女不十分』より引用
  • 昨夜、気を失う前に、自分は飛場に対する割り切りを得たつもりだった。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • その二人の仲へ割りこんできたこのイギリス人は、いったい何者です? ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの帰還』より引用
  • 新京には、寒い冬の間にも、一カ月に千人の割りで日本人がやって来ます。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 歴史の中でこの仲介者の役割りを演じて来たのは女たちであった。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 次へ »