副官

全て 名詞
3,301 の用例 (0.01 秒)
  • そして袖の中に腕を重ねて立ったとき、副官三人は急いで目をそらした。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • 撤退にならんか、と、まず副官に様子を見にこさせたに違いありません。 高木俊朗『インパール』より引用
  • 副官三人は毎日でかけて、かれたように新たな手掛りを求めて歩いた。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • ラルファスも、説明のためか大急ぎで自分の副官達の元に戻っていった。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • カーロームは命令を副官に伝え、副官はそれを作戦総合調整官に伝えた。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • ベレーをとって起きあがったのは、副官の報告を聞き終えてからである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 03 雌伏篇』より引用
  • だが従兵長は、いまだに副官を女として認めることに抵抗を覚えていた。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • わたしの第一副官ガークが、わたしに気がつくかどうか見たかったのだ。 バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』より引用
  • また大艦隊の司令官が彼を副官として必要とするということも考えられなかった。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ2) グレー・レンズマン』より引用
  • ハレックの副官をしている男のひとりが、椅子をまわして鋭い声を出した。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • むしろ、責任を痛感したのは、直接書類保管の任にある斎能副官だった。 伊藤桂一『遥かなインパール』より引用
  • 今晩から副官以上の側近は、姫様の前で一人一芸を見せることになった。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • まず、以前は副官室としてもちいられていたのであろう部屋があった。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • 参集したのは三都市軍の中将四名とその副官など、二〇名たらずであった。 田中芳樹『七都市物語 (「扉」最適化)』より引用
  • 伊都の副官が他の国と違って二人記されているのが、それを物語っている。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 背後には二人の平民の副官もいて、ギレスを厳しい表情で見据みすえている。 吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』より引用
  • 主人公オレグの自宅でも将軍と副官が一番良い部屋を占領している。 米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用
  • 葉っぱのベッドに身を伸ばし、副官と今後の見込みについて話しあった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『10 宇宙の不死者』より引用
  • 旅団長が副官を呼んだのは、今日到着した九一連隊のことに関してであった。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(下)』より引用
  • 副官が近寄ると、彼は草の中に顔を埋めたまま、黙って片手をあげた。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 次へ »