剣道

全て 名詞
3,130 の用例 (0.01 秒)
  • 月末に福岡マリンメッセで行われる玉竜旗高校剣道大会についてだった。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • そういえば剣道で用いる竹刀は、名前からも分かるように竹製品である。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • また、大学入学後にはもう一つの趣味であった剣道にも力を入れた。
  • とても剣道の指南などをするほどの腕前があった人ではないのであります。 三田村鳶魚『話に聞いた近藤勇』より引用
  • 今日は黄薔薇さまロサ・フェティダと一緒に、剣道部の練習を見に行ってるらしいわよ。 今野緒雪『マリア様がみてる 短編 Answer』より引用
  • これは戸山学校の剣道大会に優勝したときの緊張した剣客の歌である。 横光利一『睡蓮』より引用
  • 水泳部・アーチェリー部・弓道部・剣道部が全国大会への出場経験あり。
  • 彼は剣道などやったこともないし、そもそも真剣の扱い方もわからなかった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 父親が警視庁の剣道師範をつとめていたことが、佐伯の夢には幸いした。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • あるいは学校の部活動ではなく、剣道の道場に通っているのかもしれない。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 一年経った中学五年の時、保郎は剣道の試合で、学友たちと神戸に行った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 実力に差がありすぎることは、剣道を始めたばかりの私の目にも明らかだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 24 仮面のアクトレス』より引用
  • 最初は令さまに憧れて、自分の存在をアピールしたくて、剣道を始めた。 今野緒雪『マリア様がみてる 33 ハロー グッバイ』より引用
  • そして本気で泣いたら、もう剣道を続けられなくなる気がしたから。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • 剣道の選手のように僅かにそれをかわして、林はテーブルに近づいた。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • 何たって、一九九〇年代に、全日本剣道選手権大会で六回も優勝したんだ。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 高校では剣道部の主将を務め、クラスでは頼れる兄貴分的な存在だった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • でも質問してきたのは、ほとんど剣道部監督の城之内じょうのうち先生だけだった。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 現在も警視庁の武道専科生は剣道のみならず小野派一刀流を学んでいる。
  • 幼少期にはピアノとマリンバを習い、中学からは剣道部に所属していた。
  • 次へ »