剣道連盟居合

14 の用例 (0.00 秒)
  • 全日本剣道連盟居合道、杖道の段級位・称号は、剣道の規則に準ずる。
  • 末次は、剣道だけでは日本刀の刀法を知ることはできないと主張し、全日本剣道連盟居合制定の委員を務めた。
  • 紙本は委員を務め、全日本剣道連盟居合制定に尽力した。
  • これにより居合道界は全日本居合道連盟と全日本剣道連盟居合道部に分断された。
  • 東京都剣道連盟居合道部長を務め、1983年にはドイツの居合道講習会に講師として招かれ、1990年以降は毎年ドイツを訪問指導した。
  • 戦前まで伯耆流居合を教えることはなかったが、昭和31年に全日本剣道連盟居合道部が発足すると加盟し、弟子をとるようになった。
  • 五流派から業を一本ずつ採用し簡略化し各流派の宗家・代表による承認を経ており、各流派の折衷をはかった全日本剣道連盟居合とは対照的である。
  • 「剣居一体」を唱え、全日本剣道連盟居合の制定に尽力した。
  • 昭和中期まで表舞台に出ることはなく、知名度は低かったが、昭和40年代に全日本剣道連盟居合道の指導的立場にある額田長と橋本正武が木村に入門したことで有名になった。
  • 第二次大戦後、夢想神伝流は全日本剣道連盟居合の成立に強い影響を与え、無双直伝英信流と並び現代居合道の母体となった。
  • 全日本剣道連盟居合道五段の有段者である。
  • 平成の現在は、全日本居合道連盟、全日本剣道連盟居合道部のほか、全日本居合道連盟から派生した大日本居合道連盟と日本居合道連盟に大別でき、現代武道の居合道と並行して広く普及しているが、それぞれに交流がほとんどなく、時を経るにつれ業の解釈に少なからず相異を生み、更に交流を妨げている傾向がある。
  • 昭和44年、全日本剣道連盟居合を制定した。
  • 警視庁剣道師範、東京大学教養学部剣道師範、杉並区剣道連盟副会長、東京都剣道連盟居合道部会副会長等を歴任した。

剣道連盟居合 の使われ方