剣道連盟会長

9 の用例 (0.00 秒)
  • 剣道家でもあり、奈良県剣道連盟会長、奈良県なぎなた連盟会長も務めた。
  • 陸上自衛隊剣道連盟副会長、関東自衛隊剣道連盟会長を務める。
  • これに導かれるように、1972年にフランス剣道連盟会長が女性体育教師を伴い、なぎなた研究のため全日本なぎなた連盟を訪れた。
  • 学生時代から剣道を修練し、大日本武徳会の各地支部の理事、東京都剣道連盟会長、全日本剣道連盟会長を歴任した。
  • 最高裁判所長官、全日本剣道連盟会長等を務め、1978年、元号法制化国民会議を結成、議長となる。
  • 全日本剣道連盟会長木村篤太郎が葬儀委員長を務め、青山斎場において日本剣道葬が執行された。
  • 検事総長、第一東京弁護士会会長、法務大臣、保安庁長官、防衛庁長官、全日本剣道連盟会長等を歴任した。
  • 神奈川県学校剣道連盟会長、神奈川県剣道連盟審議員、日本古武道協会常任理事、日本古武道振興会常任理事、上智大学剣道部師範を務め、晩年まで鞍馬流剣術と現代剣道の指導に尽力した。
  • 警視庁剣道副主席師範を務め、退職後は全日本剣道連盟審議員、東京都剣道連盟審議員、目黒区剣道連盟会長、青梅市剣道連盟顧問、第6回世界剣道選手権大会審判長などを歴任した。

剣道連盟会長 の使われ方