剣道連盟

139 の用例 (0.00 秒)
  • 関東学生剣道連盟とは別に東京都学生剣道クラブという組織が存在する。
  • 全日本剣道連盟から日本人講師が派遣され、審判技術が指導されている。
  • 現在最も修行人口が多く、一般に杖道といえば全日本剣道連盟杖道を指す。
  • 剣道家でもあり、奈良県剣道連盟会長、奈良県なぎなた連盟会長も務めた。
  • しかし、統一形の必要性を主張する剣道連盟内の流れに抗しきれず、制定委員長を務めた。
  • 関東学生剣道連盟は所在地が関東にある大学の学生による、大学剣道発展の為の組織である。
  • 現在40の国と地域の剣道連盟が加盟している。
  • 全国47の都道府県剣道連盟を加盟団体として構成している。
  • 太平洋戦争後に大日本武徳会は解散し、その後発足した全日本剣道連盟が事業を継承している。
  • 岐阜県剣道連盟の理事長を務め、全日本剣道連盟より功労賞を受ける。
  • 同年10月14日、全日本剣道連盟発足と同時に会長に就任した。
  • 中四国学生剣道連盟とは別に広島県学生剣道連盟、岡山県学生剣道連盟という組織が存在する。
  • 羽賀は全日本剣道連盟の役職に就くことなく、後進の育成に力を注いだ。
  • また、各県の剣道連盟では、居合道の講習会として、全剣連居合の指導が行われている。
  • 全日本剣道連盟居合道、杖道の段級位・称号は、剣道の規則に準ずる。
  • 称号や段級位の審査及び授与も独自の基準を制定しており、試合形式も全日本剣道連盟とは異なる。
  • 全日本剣道連盟の規定においては、正式名称を剣道具という。
  • 昭和27年、全日本剣道連盟が発足すると、名称を「日本剣道形」に改めた。
  • 石川県剣道連盟会長を務めた。
  • 全日本剣道連盟傘下の団体が紹介されることが多い。
  • 次へ »