剣道範士

23 の用例 (0.00 秒)
  • 明治35年5月、大日本武徳会から第1回の剣道範士号を授与された。
  • 和田晋は剣道範士九段に進んでいるが、「兄には勝つことができなかった」と語っている。
  • 二男の孫二郎は東京高等師範学校で剣道と陸上競技の選手として活躍し、卒業後は教職を務め、剣道範士に進んだ。
  • 同年剣道範士となるが、全剣連制定居合普及の責務を負い、以降は居合道に重きを置く。
  • また、大日本武徳会商議員を務め近代剣道の発展に尽力し、最初の剣道範士号を授与された。
  • 長沼和郷は幕末に直心影流を修行し、大正14年に大日本武徳会から剣道範士号を授与された。
  • 大日本武徳会から剣道範士号を授与された。
  • 大正12年、大日本武徳会から剣道範士号を授与される。
  • その後、剣道範士九段・小川忠太郎が剣道界に紹介し、また自らも酒井から学んだため、剣道界に知られるようになった。
  • 後年は剣に復帰し、1921年9月には大日本武徳会から剣道範士号を授与され、天覧試合の栄を受けた。
  • 大日本武徳会から剣道範士の称号を授与された。
  • 幕末期に数多くの他流試合をした第9代の加藤田平八郎と、その弟子の幕末期の名剣士の一人である松崎浪四郎、剣道範士となった梅崎弥一郎らが知られる。
  • 剣道範士の宮崎茂三郎との特選試合を披露した。
  • 奥免許を授けた12名の内、幕末期の名剣士の一人である松崎浪四郎、剣道範士となった梅崎弥一郎らが知られる。
  • 大日本武徳会剣道範士の中尾直勝翁の葬儀は、武徳会関係、学校、警察、諸官庁各方面により盛大に執行された。
  • 小城藩士・辻真平は大日本武徳会剣道範士号を授与され、大日本帝国剣道形の制定委員主査の一人を務めた。
  • 正利は後に剣道範士となる。
  • 剣道範士九段小川忠太郎ら警視庁の剣道師範は、笹森順造から小野派一刀流を学び、警視庁で教授した。
  • 同日付で剣道範士号が追授された。
  • 主な弟子に、天狗党の乱に加わった原田忠作、尾張藩剣術師範となった小幡直弥・今井佐十郎、後に名古屋長塀流を開き剣道範士となった杉山保次郎がいる。
  • 次へ »

剣道範士 の使われ方