剣道着

55 の用例 (0.00 秒)
  • 制服を好み、学生時代は常に詰襟学生服か剣道着で生活していたという。
  • 剣道着を着ていないがゆえに避けきれず、全身に血を浴びながらも。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 考えてみれば、剣道着のタクムを肉眼で見るのはこれが初めてのことだった。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • 大阪女学館の剣道着は上下ともに紺、いずれも体格のいい選手ばかりである。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 練習でたっぷりかいた汗を流してから、剣道着を着替えるつもりなのだろう。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • 全国で生産される正藍染の剣道着のうち、8割が武州紺織といわれる。
  • 中を覗くと、剣道着をまとった男が一人で日本刀を振り回していた。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • その白い剣道着そのままにどこまでも清冽せいれつで、どこまでも厳しい。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • また、剣豪 丸目長惠の誕生の地ということで剣道着と竹刀を装着している。
  • 紺の剣道着に交じって、堀田だけが上下とも白だからいやが応でも目立つ。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 呼ばれて振り返ると、そこに剣道着姿の由乃さんが立っていた。 今野緒雪『マリア様がみてる 29 薔薇の花かんむり』より引用
  • その辺りで、そんな言葉と共に、剣藤が剣道着姿で現れた。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 京都女学館の剣道着は、上下ともに白である。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 五分もすると剣道着に着替えたナギが更衣室から出てきた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • スーツの軍人や剣道着の軍人がいたって、確かにそれは構わない。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • そんな中でも、例によって返り血ひとつ浴びていないのは恐ろしい潔癖症ぶりだが、それは剣道着の機能なのだったか? 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • あたしはそのとき、剣道着を着たまま、初めて泣いた。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • 父親に強制された剣道着姿で、ヴィスコンティの映画に憧れている少年を、ちょっと想像してみて欲しい。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • 剣道着姿の保郎や、肩を怒らせて歩く時の保郎には、恐ろしいものなどこの世に何ひとつないように見えたが、生来ひどく臆病な一面があった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • しかしその姿も剣道着を着けただけのオッサンにしか過ぎず、キャラが立っていないと嘆いた。
  • 次へ »

剣道着 の使われ方