剣道形

41 の用例 (0.00 秒)
  • 佐三郎はそのうち5名の主査の一人に選ばれ、剣道形制定の中心的人物となった。
  • そのため、近年は日本剣道形の大会も試みられている。
  • 諸流派を統合した形という点で日本剣道形の先駆けといえる。
  • 剣道においても日本剣道形に小太刀の形があるが、現在はあまり稽古されていない。
  • 約1年間の討論を経て、大正元年に大日本帝国剣道形を発表した。
  • 礼法や木太刀も日本剣道形とは異なり、古式の形態を残している。
  • 明治45年、大日本武徳会に剣道形の調査委員会が設けられ、全国から25名の委員が選ばれた。
  • 脛斬りに対する応じ方や肘打ちなど、日本剣道形には見られない技法も含まれている。
  • さらに有効打とされる箇所が限られているため、八相が実際に主力の構えとして使われることは稀であり、基本的には日本剣道形でしか見ることが出来ない。
  • 明治44年には大日本帝国剣道形制定の委員を務めた。
  • 明治44年、剣道形制定のため全国から25名の剣道家が選抜され、委員会が発足した。
  • 明治44年、高野、高橋らと共に大日本帝国剣道形制定の委員に選ばれる。
  • 武徳会の目的の一つに剣道形・柔道形など形の体系化があり、弓道もそれに習う形で射法統一が試みられた。
  • 昭和27年、全日本剣道連盟が発足すると、名称を「日本剣道形」に改めた。
  • 現代の剣道においても日本剣道形の稽古は木刀を使用する。
  • 後に鹿児島に移住し、1911年には大日本武徳会九州地方の代表として大日本帝国剣道形制定の委員を務めた。
  • 業の改称はともかく、太刀打之位を大幅に変えた理由は現在にしても謎とされるが、これは英信流居合道においても、先の剣道形7本に対応させたのではないかという説がある。
  • 日本剣道形では単に倒されるだけでなく、常に一瞬早く動き仕太刀の動作を引き出してやる師匠役でもある。
  • 現在は剣道、特に日本剣道形において使用される。
  • 日本剣道形の解釈統一のため全国で講習を行い、『詳解 日本剣道形』を著した。
  • 次へ »

剣道形 の使われ方