剣道家

74 の用例 (0.00 秒)
  • 昭和の剣聖とは、昭和時代に剣聖と称された剣道家のこと。
  • 剣道家でもあり、奈良県剣道連盟会長、奈良県なぎなた連盟会長も務めた。
  • 中西派一刀流の剣道家高野佐三郎の次男として東京に生まれる。
  • 本作の登場人物の名字は、主に実在する剣道家からとられている。
  • 周作の剣術指導法は現代剣道に大きな影響を与え、剣道家からの評価が高い。
  • 剣道家という言葉に、ぼくは少しだけみいこさんを思い出した。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 小柴世代の剣道家の間では、伝説になっている人物らしい。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 藤ねえだって敵無しとまで言われた剣道家である。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 皇宮警察の剣道家は戦前から現在まで白道着・白袴を着用している。
  • そもそもセイバーは剣道家じゃないし、剣を手にして戦う技法を教えてくれる気もなかったようだ。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 曲線的というか、あまり剣道家はしないような動線を用いる。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • また、日本に帰ってからは杉並に大義塾道場を開き、多くの剣道家を育てた。
  • そのような戦後の混乱期にも剣道の火を消してはならないと羽賀準一を始めとする一部の剣道家は稽古を続けていた。
  • このため警視庁の剣道家の中には古流剣術や居合道の高段者も多い。
  • 当時、剣道の腕一つで教授に上り詰め、叙勲をも受けた剣道家は佐三郎だけであった。
  • そもそもみいこさんは、剣道家である以前に、剣術家なのだから。 西尾維新『ネコソギラジカル(上) 十三階段(ファイル結合、傍点追加、一部修正)』より引用
  • 文芸や武道が盛んで、特に著名な画家や剣道家を多く輩出した。
  • 元禄時代、江戸に堀内源太左衛門正春ほりうちげんたざえもんまさはるという剣道家がいた。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 剣道を知らないくせに、わたし以上に剣道家っぽいんだもん。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 早苗くんの方向性の方が、武士的というか、我々のような世代の剣道家には、趣があって受け入れやすい。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 次へ »