剣道五段

7 の用例 (0.00 秒)
  • 瓜生は剣道五段で、銃剣術は静岡連隊の大会で優勝したこともあったのだそうだ。 小川国夫『逸民』より引用
  • それに自分は剣道五段だから仕損じるようなことはない。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 剣道五段の有段者でもあり、全日本剣道選手権大会中継の実況も務めている。
  • こう見えても、わしは剣道五段の腕前じゃ。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 十九年までは、一つの中学で高学年、二つの中学で低学年を担当して、厳しいけれども生徒や教師仲間の評判もよく、剣道五段の誉れ高かった。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • 講師は剣道五段の国語教師だった。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 剣道五段の作家・三島由紀夫とは剣道を通じて親交があり、弘の自叙伝である『英霊の絶叫-玉砕島アンガウル』の序文は三島が寄せている。