剣道七段

6 の用例 (0.00 秒)
  • 加藤は剣道七段でもあり、剣道の有段者に天然理心流を教授したという。
  • 弟子の一人、柳家小団治は現在剣道七段である。
  • その長男、道雄は十八歳でアメリカにわたり、先年、五十年ぶりに帰国したが、剣道七段の腕前になっていた。 草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』より引用
  • 柔道五段、剣道七段、あるいは弓術でも、からて術でも、銃剣術でも、何でもよいが、二段か三段くらいでは、まだ心細い。 太宰治『花吹雪』より引用
  • その日常生活に於て、やたらに腕力をふるうのは、よろしくないが、けれどもひそかに武技を練磨し、人に知られず剣道七段くらいの腕前になっていたら、いいだろうなあ。 太宰治『花吹雪』より引用
  • この他、世界剣道選手権大会団体優勝4回・個人優勝1回、全国警察剣道選手権大会優勝6回・準優勝1回・第三位3回、全国警察剣道大会優勝2回、国民体育大会剣道競技優勝1回・第三位2回、全日本選抜剣道七段選手権大会優勝5回・準優勝3回など、数々の大会で新記録を樹立し続け、それを塗り替えていった。