剣道の試合

32 の用例 (0.00 秒)
  • 一年経った中学五年の時、保郎は剣道の試合で、学友たちと神戸に行った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 剣道の試合なんて、祐巳はテレビでさえ見たことがなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 嘆かわしいことだが、剣道の試合でこういうことは間々ままあるものだ。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 前回のような、心臓手術や剣道の試合といった仲直りのための小道具はない。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • 剣道の試合でこちらは小太刀一本だが相手の有効な攻撃でも1/3は無効となる。
  • 要するに剣道の試合のようなものである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 剣道の試合っていったら、もう二ヶ月もなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 15 レディ、GO!』より引用
  • 武士が実際に真剣を用いて戦闘を行っていた時代の名残であるが、現行の剣道の試合で使う意味のない構えは形骸化してしまっている。
  • 剣道けんどうの試合というより、それはまさに決闘けっとうのようだった。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 剣道の試合は午前中で終わるの。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 理由も告げられず一方的に関係を解消された令さまには、まるで剣道の試合中を狙ったみたいに手術しようっていう、そんな由乃さんの気持ちすぐにわかるはずはない。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • そこに本当の、剣道の試合の意味はある。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • しかも授業中や、剣道の試合中もですよ! 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • かつて剣道の試合中にほんの何度か訪れたような、全てを脳の中心でダイレクトに把握できる感覚がリーファを包んでいた。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 平次の剣道の試合で部員達以上に張り切ったりする等、彼同様負けず嫌いな面もある。
  • しかし、令さまといえば、剣道の試合が近いからって、連日部活に励んでいるはずではなかっただろうか。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 由乃さんのお父さんといえば、由乃さんの手術の結果を知らせに剣道の試合会場に目を真っ赤にしてやって来た小父さまだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 23 くもりガラスの向こう側』より引用
  • 剣道の試合中って、基本的に声出して応援しちゃいけないから、逆にこういう歓待が激しかったりする。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • もっとも、互いにぺちゃくちゃしゃべり続けているだけで、さほど剣道の試合に興味はなさそうである。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 屋内競技である剣道の試合、ましてや外科手術なんか直接天候に左右されるものではないんだろうけれど、それでも気分的にはどしゃ降りよりは晴天の方が何倍もいいと思う。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 次へ »