剣道の有段者

7 の用例 (0.00 秒)
  • 加藤は剣道七段でもあり、剣道の有段者に天然理心流を教授したという。
  • それは夕子が警察学校当時、逮捕術の教官として指導を受けた捜査一課の刑事で、柔剣道の有段者であるだけでなく、捜査員としても有能と評判の男だった。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • しかし村に剣道の有段者がおらず、防具の付け方の分からないまま、竹刀で力任せに殴り合う剣道を始めたため、40人近くいた部員は次々に退部して、最後には清1人になってしまった。
  • 柔剣道の有段者で逮捕術の教官、ノンキャリアながら出世も順調で、殺人事件の捜査には独特の手腕を発揮した。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 剣道の有段者で、殺陣師の久世竜に師事し、三船プロダクションの殺陣師として数多くの映画・テレビ作品に関わる。
  • 剣道の有段者でもある。
  • その代わりに学習院大学空手道部で松涛館流の安田英治、日本大学空手道部で剛柔流の石橋雅史と南本一郎らが師範代として門下生を指導し、後に剣道の有段者であった黒崎健時も入門し、師範代となった。