剣道

全て 名詞
3,130 の用例 (0.02 秒)
  • 聞くと現在の剣道部の構成は二年生が二人、一年生が一人なのだという。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 中学の頃はずっと剣道をしていて、そのころ習慣しゅうかんだと本人は言っている。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 剣道部に入っただけで、どうして令ちゃんを失わなければならないのだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • 剣道の組織的活動は禁止され、明治維新についで二度目の危機を迎えた。
  • 考えてみると大学の剣道部にいるものが、そんな姿で許されるはずがない。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 下』より引用
  • 三人しかいない部員に、剣道について教えられることなど何もないおれ。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 野球を始めたのは中学校の頃からで小学校時代は剣道をやっていた。
  • しかし、あの荷物のなかに剣道部のものは含まれていなかったのです。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • だから大和杯も初めは三校の剣道部の交流戦から始まったそうです。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 新年度最初の大きな大会といえば、関東高等学校剣道大会の県予選である。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 制服を好み、学生時代は常に詰襟学生服か剣道着で生活していたという。
  • 剣道少女は、そんなつもりで声をかけてきたわけではなかったらしい。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • ということは、日を改めて中学剣道部を訪ねなければならない事態になる。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • あたしは、あんたの剣道、嫌いじゃないし、ある面では尊敬もしてるよ。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • それに続いて玉竜旗全国高等学校剣道大会の女子大会・男子大会が開催される。
  • 薔薇の館に来るのは、剣道部が終わってからっていう話だったでしょう? 今野緒雪『マリア様がみてる 34 リトル ホラーズ』より引用
  • あたし自身も、西荻の剣道と自分のそれはまったくの別物と感じていた。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • 五月の初めには、その全九の県予選を兼ねた福岡県高校剣道大会があった。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 剣道部のテーブルには、おれとマドンナと南場先生の三人が座っている。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 手狭になった第一会議室から、五階の剣道場に会見場所は移されている。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • 次へ »