剣術

全て 名詞
3,414 の用例 (0.02 秒)
  • もちろんあなたや大方の批評家たちから見れば棒ふり剣術にちがいない。 三好十郎『恐怖の季節』より引用
  • 彼らは、すでに江戸の剣術界から引退して久しい小兵衛を知らぬらしい。 池波正太郎『剣客商売 10 春の嵐』より引用
  • 斎藤は、子供たちにも剣術や武士の心得を教えていたと考えられている。
  • 万次郎は手習所での成績も悪くなく、剣術の腕も次第に上ってきていた。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • 剣術をやるのも、ただ人を斬るためだとか試合に勝つためだとか思うな。 池波正太郎『幕末新選組』より引用
  • 野良仕事が忙しくなれば、剣術の弟子達も通ってこなくなるからである。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 幕府に召し出されてはばをきかせている剣術師なぞは江戸で大変な人気だ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • ただしその動作は実のところ、剣術の型と言うにはかなり奇妙なものだった。 伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』より引用
  • なんでもやってみたい気分だったが、剣術までは手がとどかないと思った。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 下絵を描いている時など、まるで剣術の試合でも見るような感じがあった。 寺田寅彦『中村彝氏の追憶』より引用
  • 若い侍たちは、どこかの剣術道場へ通っている旗本の子弟でもあろうか。 池波正太郎『剣客商売 04 天魔』より引用
  • 双子は、学校へいくかわりに、石切り場へいって剣術ごっこをしていた。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 各地で剣術試合をやり、同じ土地に数日とどまることもあったからである。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • フェンシングの原形は、中世の騎士たちによる剣術にあるとされている。
  • けれど翠は一五年にわたって身に付けた体さばきがあるし剣術がある。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 本格的剣術の演技ができる男として、アトラクションの人気者だそうだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター18 エイリアン黒死帝国 下』より引用
  • 嘉永五年、小五郎は江戸へ出て、純粋に個人的な目的で剣術を修得した。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • 奉行所では昼行燈を装っていることから、剣術の腕前を周囲に隠している。
  • 又太郎は剣術も何も忘れ果てたかのように、小枝の乳房へ顔を埋めた。 池波正太郎『剣客商売 08 狂乱』より引用
  • 彼は得意の剣術を役に立てて、相手と命の遣り取りをしたかも知れなかった。 岡本綺堂『籠釣瓶』より引用
  • 次へ »