前面

全て 名詞
8,465 の用例 (0.02 秒)
  • 下手へたに自分が前面に出るよりも、その方がいいと判断してのことだろう。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 前面に横長の窓があり、その下に記されている機名だけが異なっている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ09 ワームウッドの幻獣』より引用
  • この二日間というもの、船はただの一隻も島の前面に姿を現さなかった。 ヴェルヌ/大友徳明訳『地の果ての燈台』より引用
  • 前面には、イラストと写真の合成で子供たちが家を作っている絵がある。 宮沢章夫『茫然とする技術』より引用
  • それに合わせて鉄鞭の交差部分もその位置が前面から上に移動している。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 事態を知った前面からの怒号であったが、うしろのほうにはわからない。 山田風太郎『叛旗兵』より引用
  • なぜというに、社会に於ては心理よりも論理の方が前面に出て来るからだ。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • ただその前面は割竹を並べた垣根になっていたような気がするだけだ。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 彼らは誰にも気づかれずに、食堂の中を通り抜けて、前面の広場に出た。 ゴーゴリ/原久一郎訳『隊長ブーリバ』より引用
  • メーカーブランドを前面に出さないのも、アキュラ店を真似てのことだ。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 右手と前面には、重に小学校用のらしい文房具が、一面に並べてあった。 豊島与志雄『同胞』より引用
  • 家は岩を背にしていて、家の前面の支えをするくいは、水にかっている。 カミュ/窪田啓作『異邦人』より引用
  • 口数は少ないし、当初は組織の前面に出ることを意識的に押さえていた。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 青森湾口に近づくともう前面に函館はこだての灯が雲に映っているのが見られる。 寺田寅彦『札幌まで』より引用
  • それは灰色に汚れ、前面は砂を吹きつけたようにぐさぐさになっていた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • すると機械の音が停止し、棺の前面のふたがゆっくりと上がっていった。 タニス・リー『銀色の恋人』より引用
  • 人が飛び出してきたと思った瞬間、祐巳は身体の前面に軽い衝撃を受けた。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • そのためには祭祀の女王よりも政治の男王が前面に出なければならなくなる。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』より引用
  • その家の前面には、次のような古い文句が月の光ではっきり読まれた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 明らかに彼は前面の父親ではなくて、背景の麦畑に関心を寄せていた。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • 次へ »