前進

全て 名詞
9,750 の用例 (0.02 秒)
  • 民衆の間には勝利感と前進のない現実との差から不満は拡大している。 堺屋太一『油断!』より引用
  • 彼はおそらくひたすら前進を旨としてやってきた人であるにちがいない。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • この意味で彼は、なんらの動揺もなしに前進することができたのである。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • これから二三時間仕事をして、それからもらった切符で前進座を見ます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • なぜならば、人類の歴史は常に個人の限界をこえて前進するものである。 宮本百合子『あとがき(『宮本百合子選集』第九巻)』より引用
  • 中村大尉も見ていたが、前進するはずの第一車が出ないことに気がついた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • それにはゆっくり前進しなければならなかったが、ひまは十分にあった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 背のつばさの出力も用いた前進の行く手にあるのは、背を向けた黒の武神だ。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • エンジンを全速前進にして真向から波に向かうというのが彼の考えだった。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • くねる運動は常に前進のみを意味しないというところに悲劇があるのね。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • しかし、長羅は彼らの前を一直線に馬を走らせてその前進を食いとめた。 横光利一『日輪』より引用
  • 雷太はハァハァと犬のように短い呼吸を繰り返しながら必死で前進した。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 高級車だけはさらに前進し、オーディンの一〇メートル手前で止まった。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • ゴンレ、計画というものは前進するにつれてどんどん広がっていくんだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 而して彼女が脱兎の如くトイレに前進するのをみてニタニタと笑うのだ。 遠藤周作『ぐうたら人間学』より引用
  • しかも彼らの前進基地がおびやかされるまでにさえ、かなり時間がある。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ2) グレー・レンズマン』より引用
  • おれは、ブロック塀の上に伏せたままで、一メートルほど静かに前進した。 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • われわれはこれ以上前進しようと思っても、もう足の用をするものがないのだ。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • それでも車の列は一度に五メートル程しか前進しないのである。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • いっぽうわたしは、背中あわせに彼の前に立ってゆっくり前進していった。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 次へ »