前途洋洋

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は名目上は書類仕事のミスを理由に懲戒処分を受け、一時は前途洋洋としていた彼の軍歴は恒久的に損なわれた。
  • ロサンゼルス・レイカーズはマジック・ジョンソンというスーパースターを獲得したその年にいきなり優勝を手にし、前途洋洋の80年代をスタートしたかに見えたが、その内情は問題だらけだった。
  • ところが、自然に包まれた故郷に帰り家族と久々に食卓に着いた途端に「社交界の花形で一点の非の打ち所もない前途洋洋の青年実業家ロバート氏」は「そばかすだらけのボッブ」に戻ってしまう。
  • 前作『1・2の三四郎 2』のラストで赤城欣市を破り、前途洋洋だと思われていた東三四郎率いるドリームチームであるが、とある大手興行会社から持ちかけられた八百長試合を大失敗し、格闘界から完全に干されてしまう。
  • 読売新聞で連載された四字熟語のコーナーでは『前途洋洋・ぜんとようよう』が、また、ことわざ大百科では『水魚の交わり・すいぎょのまじわり』が、それぞれポッチャマを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。