前途洋々

60 の例文 (0.00 秒)
  • ぼくの警官としてのデビューは、だんぜん前途洋々たるものとなったのだ。 ...
  • 彼は自分がまったく前途洋々たる青年であると感じていた。 ...
  • 領主となったからといって、彼には前途洋々たる未来がひらけているわけではない。 ...
  • 「前途洋々」とは、岩沢産業のような会社のために用意された言葉であった。 ...
  • 私より一〇歳も若いが階級はおなじで、つまり彼は前途洋々のキャリア官僚なのであった。 ...
  • 前途洋々といふ言葉は、この時代の青年にとつて、まつたく新しい意味と響きとをもつものである。 ...
  • 前途洋々だったルクレアの運命が暗転したのは、1956年のことであった。 ...
  • 全連盟の中でも、もっとも前途洋々とした土地だよ。 ...
  • したがって最初から前途洋々という訳にはいかなかったし、財政的にも極めて不充分であったといわれる。 ...
  • 前途洋々かに見えたが、アトランタ五輪終了直後に心臓弁膜症を発症。 ...
  • そうだ、まだこの時の日本は前途洋々の状態で、減速経済など、思いもよらぬ時代だったのだ。 ...
  • 「われわれの会社は、まさに、前途洋々たるもんですな」 彼は、答えなかった。
  • 割れた硝子の下から、前途洋々の青年と幸せに満ちた花嫁の白黒写真が天を仰いでいた。 ...
  • 鍵山工務店は風前のともしびだから前途洋々というわけではないが、少なくとも一軒の家を建てられる。
  • その期待どおり、僕は一流大学の医学部を出て、前途洋々たる未来に向かってすすみはじめていた。 ...
  • 全同盟内の生産の場所における文学研究会、労農通信員たちへの正しい階級的指導は、あとから、あとから一つは一つよりよい作品を発表する前途洋々たる若い党員作家を輩出させている。 ...
  • 若し唯一の堤防修築を怠らざれバ前途洋々として頗る多望なるものあり。 ...
  • 次へ