前途は洋々

30 の用例 (0.00 秒)
  • それに、彼の前途は洋々たるものだった。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(上)』より引用
  • むしろ、前途は洋々としているといえる。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • しかしながら、大量生産の前途は洋々である。
  • その頃徳山道助の前途は洋々としていた。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 劇画の前途は洋々たるものがあります。
  • 謝家は欧陽脩・王安石・黄庭堅などとつながる名家であり、謝氏と結婚した梅堯臣の前途は洋々かと思われた。
  • 佐分利の前途は洋々たるものと見えた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 次期領主として生まれ、育てられた長兄は、ケアルの目からはいささか気弱で領主たる貫禄かんろくには欠けていたようにも見えたが、それでも前途は洋々であったはずだ。 三浦真奈美『風のケアル 第4巻 朝遠き闇』より引用
  • 借金を返すのみか、川上一座の前途は洋々たるものだ。 山田風太郎『明治波濤歌(下) 山田風太郎明治小説全集 10』より引用
  • 日本飛込み界の前途は洋々だ。 森絵都『DIVE!! 下 (RubyMate変換)』より引用