前途に待ち受ける

10 の用例 (0.00 秒)
  • 何よりも、前途に待ち受けているものに対する深い不安を覚え出していた。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 前途に待ち受けるおそるべき対決がいよいよ困難なものに思えてきた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • その不吉な羽毛の色は、前途に待ち受けるものを象徴しているような気がした。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • なにかはわからないが、恐れなければならないことが前途に待ち受けていることを、この写真の当時ほんの十七歳だったこの少年は悟っていたのだろうか。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 前途に待ち受けているのは絶望の戦いだった。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • それを考えれば、ある種のあきらめをもって前途に待ち受ける運命を、おとなしく甘受した方がましなように思えた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • なんでもそろった図書館とまではいかないが、慎重に割り当てて回読すれば、前途に待ち受ける無為の時間を過ごす助けにはなるだろう。 クラーク『渇きの海』より引用
  • すっかり絶望した王女は、今や前途に待ち受ける恐ろしい運命に向かって刻一刻と近づきつつあった。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 前途に待ち受けている老残はきびしく、おそろしいもので、もはやなにももとへもどしてはくれない! ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用
  • 彼はいつまでもぼうぜんと遠いかなたへ目をすえ、道も忘れ、前途に待ち受けている譴責けんせきも忘れ、遅刻に対する罰も忘れて、自分も、勤務も、世界も、世界のありとあらゆるものをいっさい忘れ去って、しびれたようにその場に立ちつくしていたことであろう。 ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用