前身である美濃電気軌道

17 の例文 (0.00 秒)
  • 美濃町線の前身である美濃電気軌道の駅として1911年に開業した。 ...
  • 揖斐線の前身である美濃電気軌道によって1926年に開業した駅である。 ...
  • 揖斐線の前身である美濃電気軌道の手によって1926年に開業した。
  • 岐阜市内線の前身である美濃電気軌道市内線の駅として開業した。 ...
  • 揖斐線の前身である美濃電気軌道の駅として1928年に開業した。 ...
  • 美濃町線が前身である美濃電気軌道の路線として1911年に開通した当初から存在する。 ...
  • 美濃町線の前身である美濃電気軌道の駅として、路線が開業した1911年に開設された。 ...
  • 美濃町線の前身である美濃電気軌道の駅として、1911年の路線開通と同時に開業した。 ...
  • 美濃町線の前身である美濃電気軌道の手により、1911年の路線開業に合わせて開設された。 ...
  • 揖斐線の前身である美濃電気軌道が美濃北方駅から黒野駅までの区間を延伸させた際に開業した駅である。 ...
  • 揖斐線の前身である美濃電気軌道によって北方町駅から黒野駅までが延伸開業した際に開業された駅である。 ...
  • 岐阜市内線が前身である美濃電気軌道の路線として1911年2月に開通した際、岐阜駅前駅から来た路線の終着駅としてまず今小町駅が開業した。 ...
  • 当駅は1928年、揖斐線の前身である美濃電気軌道が黒野駅から揖斐方面へ向かう路線を延伸した際に開業した。 ...
  • 岐北軽便鉄道はその7年後の1921年には岐阜市内線の前身である美濃電気軌道に吸収され、北方線も美濃電気軌道の路線となったが、北方線は同社の他の路線からは孤立していた。 ...
  • 岐北軽便鉄道はこの後岐阜市内線の前身である美濃電気軌道に合併され、この路線も同社のものとなるが、岐阜市内と同線を結ぶ路線が存在しなかったため、1925年に市内線が徹明町駅から順次忠節橋の南詰まで延伸された。 ...
  • 岐阜市内線は前身である美濃電気軌道の路線として1911年2月に岐阜駅前駅から今小町駅まで開通、同年10月にはさらに路線を今小町駅から延伸させた。 ...