前身

全て 名詞
9,823 の用例 (0.02 秒)
  • また文化年間には金刀比羅神社前身の弁天社についての記載がみられる。
  • 而してこの大会社の現社長某氏の前身がこの学生労働者であったという。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • このうち初めの二人は海軍医学校の前身である成医会をえた者であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 前身は1983年に特殊作戦用部隊として設立された第23空軍である。
  • しかも彼の前身を知っている女は、彼の犯罪事実まで握ってしまった。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 陳慧君は秋雲の前身については、誰に対しても語るのを避けていました。 豊島与志雄『白塔の歌』より引用
  • りそな銀行の前身行の一つである大和銀行とは一切の関連を持たない。
  • 遣手は暗に染田屋での前身を自分だけは知っているぞと告げているのだ。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • 浅野川電気鉄道を前身とすることから今でも浅電の愛称で呼ばれている。
  • 使い魔を作るには前身になるものが必要だと知っているでしょう? 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 南大阪線の前身、大阪鉄道の傍系会社である南和電気鉄道が開業させた。
  • ここでは同大会の前身の一つでもあるアジアクラブ選手権についても記述する。
  • そしてそれは、龍門を駆け抜けようとしている竜の前身でもありますね。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 彼は、身も心も、その光景にとけこみ、自分の前身と一体いったいになっていた。 ディケンズ/安藤一郎訳『クリスマス・カロル』より引用
  • 館の前身は大阪城公園内に昭和35年に開館した大阪市立博物館である。
  • 彼の心と魂とはその光景の中に入り込んで、自分の前身と一緒になっていた。 森田草平『クリスマス・カロル』より引用
  • ここでは、社民連の前身となる社市連と社会クラブも含めて解説する。
  • 新たに松竹の資本参加を得て、前身会社である松竹新演芸が設立される。
  • 本項では、旧制香川県立農業専門学校などの前身諸校を含めて記述する。
  • 長さ1メートル以上にもなる特殊な大根が守口大根の前身とされている。
  • 次へ »