前衛

全て 名詞
2,892 の用例 (0.03 秒)
  • 前衛に出ている兵士たちはおそらく生きた心地もしないに違いない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • そんないびつな形をした、前衛的なアートじみた建物の中を歩いていく。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • チームの前衛ぜんえいつとめる者同士が、なにやら急接近きゅうせっきんしているようにも見える。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』より引用
  • 視線を移すと前衛の一人である小俣直人が頭を押さえながら走っていた。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 前衛という概念が盛んに使われていたのは第二次世界大戦後しばらくまでと思われる。
  • 前衛的な外国の小説を読んでいたかと思うと、天文学の本を軽く読みあげる。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART1』より引用
  • 小作地を占領していた前衛ぜんえい部隊に、焼きはらい命令がでたのだろうか? ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • 私がいままで見たことがない前衛芸術だと感心していたのは単なる配電盤だった。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • また、その前衛的主張ゆえにロシア構成主義に大きな影響も与えた。
  • そして敵の前衛はすでにマルボ将軍の騎馬哨兵に接触したにちがいない。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • つまりポーランドの前衛音楽には、私は縁なき聴衆というべきだろう。 五味康祐『西方の音』より引用
  • しかし美術部門では、芸術院からの前衛作家追放はなかなか進まなかった。
  • 前衛攻撃を担当し、いわば対エース・パイロットを主とする機体といえる。
  • しかしそれと同時に、ウォリック伯の前衛部隊も戦場に到着したのだ。
  • とくに前衛は、恩田も含めて自分たちの三人とはまったく動きが違っていた。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 僕の表現したいことはこうじゃないんだ、と前衛芸術家ばりに頭をかかえる。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』より引用
  • 第一次大戦後の頃は、前の世代の前衛美術や、資本主義体制への攻撃であった。
  • それは雪の女王をまもる前衛部隊ぜんえいぶたいで、とてもきみょうな形をしていました。 アンデルセン/山室静訳『アンデルセン童話集1』より引用
  • 六人は、前衛と後衛が固まるようにしてこのエリアに入ってきていた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • かれは小さな丘を走り下りて、敵の前衛から五十メートルのところまで接近した。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 次へ »