前衛音楽

118 の用例 (0.00 秒)
  • つまりポーランドの前衛音楽には、私は縁なき聴衆というべきだろう。 五味康祐『西方の音』より引用
  • お前さんの口笛ときたら、頭のいたくなるような前衛音楽ばっかりじゃ。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • しかし管楽器部門の中には前衛音楽的アプローチやチンドン演奏がある。
  • 作風は調性、旋法に立脚した作品が多く、前衛音楽的な手法は用いない。
  • 二十世紀音楽研究所とは日本の前衛音楽集団の一つ。
  • 時代区分ではなく、前衛音楽としての形式を指すとも考えられる。
  • 当時はほとんど日本に知られていなかったヨーロッパの最新の前衛音楽シーンを次々と日本に紹介した。
  • ラ・モンテ・ヤングの前衛音楽やジョン・ケージの芸術思想にも影響を受けている。
  • したがって、米国初の前衛音楽の作曲家と呼んで差し支えない。
  • 未来は前衛音楽とともにあるかに思われた。
  • したがって古典音楽から前衛音楽までの西洋音楽の歴史は20世紀までのインド人のパレットの中にはなかった。
  • しかしそれらの西洋前衛音楽へのアプローチは、構造的な理論よりは音響への興味を優先させた。
  • 彼自身は西側の前衛音楽に反対の立場をとったが、若い作曲家たちに対しては社会主義リアリズムを強制する文化政策から擁護した。
  • オランダは前衛音楽に対する拒絶がない国と言われる。
  • あるとき、そこから女の人の叫び声が聞こえ、それは、いつかラジオで聞いた前衛音楽に似ていた。 佐野洋子『私の猫たち許してほしい』より引用
  • それらの作品のスタイルはポピュラー・ジャズと前衛音楽を変わった方法で混ぜ合わせたものであった。
  • 彼の「葬送音楽」は西側の前衛音楽への興味が最初に現れ、また公的に発表を許された最初期の作品である。
  • 彼の前衛音楽もまた、有産階級文化への反発手段となった。
  • このスタイルは第二次大戦終結とともに急速に凋落して、いわゆる前衛音楽の様式と交替します。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • ほとんどの楽曲に彼独特のアレンジがなされており、時には前衛音楽に近いアレンジもある。
  • 次へ »

前衛音楽 の使われ方