前衛芸術家同盟

7 の用例 (0.00 秒)
  • 前衛芸術家同盟は、1920年代の、日本のプロレタリア文学運動の団体である。
  • 翌1927年、前衛芸術家同盟の結成で前衛劇場を立ち上げ。
  • 労農芸術家連盟が分裂して脱退派が前衛芸術家同盟を組織したときだって、イデオロギー的理由がちゃんとあった。 宮本百合子『ニッポン三週間』より引用
  • 蔵原らは結局労芸から脱退し前衛芸術家同盟を結成し、労芸は山川ら労農派の影響を受けることとなる。
  • その中で、日本共産党の影響を強く受けていた、〈日本プロレタリア芸術連盟〉と、〈前衛芸術家同盟〉とは、3月15日のいわゆる〈三・一五事件〉の弾圧をきっかけに、組織の合同をはかり、全日本無産者芸術連盟を結成した。
  • しかし、1927年11月には、プロレタリア劇場のメンバーだった久板栄二郎やプロレタリア劇場を手伝っていた小野宮吉、関鑑子、柳瀬正夢が前衛芸術家同盟傘下の前衛劇場に合流している。
  • 更にこの労農芸術家連盟は、同年十一月再分裂を行い、青野季吉、前田河、金子、葉山等は彼等の支持する山川均の「労農」派の影響のもとにプロレタリア芸術運動を置こうとし、藤森、佐々木、蔵原、村山等の人々は脱退して前衛芸術家同盟を結成した。 宮本百合子『婦人と文学』より引用