前衛艦隊

32 の用例 (0.00 秒)
  • 日本軍機動部隊は23日正午に前衛艦隊を分離し、陸軍支援の態勢に入った。
  • 第23話では親衛隊所属艦3隻が前衛艦隊としてヤマトに攻撃を仕掛けた。
  • 南太平洋海戦では前衛艦隊に所属し、機動部隊本隊の前方を進んだ。
  • この前衛艦隊は、翌日空襲を受ける直前に空母部隊と合流した。
  • 前衛艦隊はあわただしく空母を中心とした輪形陣を組んだ。
  • 基地航空隊や前衛艦隊が米軍機動部隊が同一海面で行動していると報告したが、小沢は第三艦隊偵察機の「米軍機動部隊は3箇所に分散している」という報告を信じて攻撃隊を向わせた。
  • 第三艦隊は主に2つの集団で構成され、空母と少数の護衛部隊からなる本隊、第十一戦隊・第七戦隊・第八戦隊の前衛艦隊に分かれている。
  • いわば囮となる前衛艦隊将兵からは不満が続出したが、指揮官達は新陣形・新戦法を検討する時間も与えられないまま最前線へ進出した。
  • 前衛艦隊は米機動部隊と水上戦闘を行うべく24ノットで東進していたが、突入命令中止を受けて北西に変針した。
  • 「大鳳」から発艦した彗星が米軍機動部隊を発見し前衛艦隊は攻撃隊発進を開始したが、攻撃隊の帰還は夜間となるため夜間着艦の危険性を考慮され、この日の攻撃は見送られた。
  • 深夜、前衛艦隊は反転、10月25日午前7時に本隊と合流した。
  • 「大和」は栗田健男中将指揮する前衛艦隊に所属していた。
  • ある程度の司令部設備を備えており、コズモダード・ナスカの彗星帝国前衛艦隊など、中規模艦隊の旗艦としても運用される。
  • 前衛艦隊は空母部隊から100-150浬前方に進出して横一列陣形をとり、索敵と敵機の攻撃を吸収する役割を担った。
  • 南雲が無線封鎖を解いたのは第一次攻撃隊発進後のことであり、第十一戦隊以下の前衛艦隊に「今夜夜戦を以って敵を撃滅すべし」と命令した。
  • そして自らも敵艦隊をその誘爆に巻き込みつつハーキンス艦へ体当たりを敢行し、搭載していた惑星破壊プロトンミサイルの爆発に巻き込んでボラー連邦前衛艦隊を全滅させ、ヤマトを文字通り死をもって守った。
  • 余談だが、ファンタム破壊時に消費したプロトンミサイルがスカラゲック海峡星団では再装填されており、そのミサイルごとの特攻は前衛艦隊を完全消滅させた。
  • 基地がコズモダード・ナスカ提督率いる白色彗星帝国前衛艦隊に奇襲攻撃を受け、部下の大半を失ったところをヤマトに救出されて乗艦することになる。
  • フランスのフリゲート・ヴェスタルと戦列艦サンスールがイギリス前衛艦隊全体と戦いながら救援に駆けつけた。
  • だが米軍を発見できず、「筑摩」は南雲機動部隊前衛艦隊に、「照月」は南雲機動部隊直掩艦に合流した。
  • 次へ »