前衛翔士

22 の用例 (0.00 秒)
  • 指揮杖の動きはその感覚と重なって、前衛翔士レクレーに認識されているはずだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • あのとき、前衛翔士は酔いつぶれた監督を運んでいるところでしたっけ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • この歳になってまだ前衛翔士なのは、長いあいだ交易に携わってきたからだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 01 絆のかたち』より引用
  • それすら、つい先日まで前衛翔士レクレーだったことを考えると、平時では考えられないほどの速さである。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • いっぺん、監督の居室の前でソバーシュ前衛翔士レクレーに敬礼したことがあります。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • 前衛翔士はあいた右手で電磁投射砲の安全装置を解除し、最初の弾丸を砲に送りこんだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • すなわち、指揮官は前衛翔士となり、次席指揮官は後衛翔士であり、左右の操縦士は列翼翔士だった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 列翼翔士フェクトダイに叙任すると、一年で後衛翔士リニエールに昇進し、一年半で前衛翔士レクレーになって、軍大学のなかでも最難関であるドゥネー星界軍大学ヴォスクラ・ドゥネールに入学するのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • エクリュアも前衛翔士レクレーから十翔長ローワスに昇進していた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • 「すまないが、ソバーシュ前衛翔士レクレー」眉間に皺を寄せて報告に耳を傾けていた司令官レシェークは耐えきれなくなった様子で遮った。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • ドゥヒールの直接の上司に当たる、先任通信士アルム・ドロキアのヴォーニュ前衛翔士レクレーである。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 04 軋む時空』より引用
  • 「ちゃんとつっかえずにいえたな」臨時の直属上官となった砲術士トラキアアルボフ前衛翔士レクレーがからかった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 04 軋む時空』より引用
  • ジントはまずソバーシュ前衛翔士レクレーに視線をむけた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 01 絆のかたち』より引用
  • 「きこえたか、アルボフ前衛翔士レクレー」ラフィールは砲術士トラキアにいった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 04 軋む時空』より引用
  • 反物質燃料ベーシュ充填完了」機雷甲板からの報告を先任砲術士アルム・トラーキアサリューシュ前衛翔士レクレーが艦長に上げた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 前衛翔士の氏族を教えてもらえれば。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 「操舵準備完了」サリューシュ前衛翔士レクレー制御籠手グーヘークをはめた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 「前衛翔士」司令官は告げた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 艦長サレール先任通信士アルム・ドロキアユーンセリュア前衛翔士レクレーが報告した。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 書記ウィグを拝命したリン・スューヌ=口ク・ハイド伯爵ドリュー・ハイダル・ジント主計前衛翔士レクレー・サゾイルです」書記も挨拶した。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • 次へ »