前衛美術

45 の用例 (0.00 秒)
  • 五八年には前衛美術会の会長にも就任しているれっきとした画家である。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • この頃からレジェは当時の前衛美術運動であったキュビスムに参加する。
  • 第一次大戦後の頃は、前の世代の前衛美術や、資本主義体制への攻撃であった。
  • イズーは第二次世界大戦中に前衛美術のジャーナリストとして仕事を始めた。
  • 日本の時代区分でいえば昭和のごく初期に早くも前衛美術専門の美術館の設立が構想されていたことは注目される。
  • そこには共通した画風や傾向は見られず、むしろ、当時の前衛美術のさまざまな傾向を集めた観がある。
  • 戦前の前衛美術運動に大きな刺激を与える。
  • この地で彼は前衛美術の世界に足を踏み入れた。
  • 戦後は、戦争で家を失った人々が入居もするが、残存した芸術家に新たな芸術家も加わり前衛美術運動の拠点ともなる。
  • それまでの日本の前衛美術の主流だった反芸術的傾向に反撥し、ものへの還元から芸術の再創造を目指した。
  • いずれにしろ、美術界に限らず、アメリカに衝撃的とも言うべき大きな影響を与えたことは間違いなく、291ギャラリーなどの極めて限られた場所で紹介されていただけのアメリカの前衛美術は、これ以降開花に向かったといえる。
  • 浩一路はこの旅で伝統的な西洋美術を絶賛する一方で、同時代の前衛美術に対しては批判的見解を示しており、日本画壇が同時代の西洋美術に強い影響を受ける中で、自身の日本人意識を強めるものであったと記している。
  • 練馬区にゆかりのある作家の作品をはじめ、近・現代の日本の洋画、前衛美術等の作品を多く収蔵する。
  • もともとは、その名前のとおり、フォト・セセッションのための展示スペースであったが、次第に、写真だけではなく、ヨーロッパの前衛美術を紹介するスペースとなっていき、次のような作家の展示が行われた。
  • このどちらか一方が上がっているとき、どちらかは下がっていて、それらが常に入れ替わりながら続いていく関係というのは、美術の概念でいう「現代美術」と「前衛美術」の関係に非常に類似している点がある。
  • 前衛美術では、シュールレアリズムや抽象絵画を指す場合が多い。
  • その頃、前衛美術会っていうサークルの画壇があって、上野の都美術館で年一回展覧会やってて出したの。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • 同社は戦後ギヨーム・アポリネールの仲介によって前衛美術、文学専門の印刷所へと経営展開する。
  • その前に読売アンデパンダンにも出したけど、それで左翼の前衛美術会に入って、そしたらすぐ委員にならないかっていうんで委員になって、それでずーっと今まできてる。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • この当時前衛美術は戦争と国粋主義の観点から弾圧されていた時代で、健の脱会は「国家権力に屈した脱落者」とされている意見もある。
  • 次へ »