前衛短歌運動

10 の用例 (0.00 秒)
  • 戦後の前衛短歌運動を批評の立場から推し進めた。
  • 昭和30年代になると前衛短歌運動が起こった。
  • 戦争賛歌を発表していたことから戦後は戦争責任を糾弾されるも、塚本邦雄や岡井隆らの前衛短歌運動の中で再評価の機運が高まった。
  • 現代詩の暗喩技法を取り入れながら、ナショナリズムなど先鋭的な主題を表現することで現代短歌に思想性を導入し、前衛短歌運動の旗手の一人となった。
  • 反写実的・幻想的な喩とイメージ、明敏な批評性と方法意識に支えられたその作風によって、岡井隆や寺山修司らとともに、昭和30年代以降の前衛短歌運動に決定的な影響を与えた。
  • 詩歌の世界においては、中井英夫に見いだされた塚本邦雄や寺山修司らの前衛短歌運動により、幻想的な表現が注目された。
  • だが、邦雄の業績で特筆に値するのは、岡井隆や寺山修司とともに1960年代の前衛短歌運動を成功させたことである。
  • 前衛短歌運動は、塚本邦雄の衝撃的な表現から始まり、「短歌研究」編集長中井英夫の賛同を得、岡井隆・寺山修司といった同志を獲得し、歌壇全体に影響を及ぼした。
  • 寺山修司、岡井隆、塚本邦雄らの歌壇活動を後見し、前衛短歌運動のプロデューサー的役割を果たした。
  • 塚本邦雄、岡井隆、寺山修司、春日井建、葛原妙子など若手の前衛歌人たちを徹底的に擁護し、前衛短歌運動の理論的支柱となった。