前衛短歌

21 の用例 (0.00 秒)
  • 昭和30年代半ばには、前衛短歌は社会的影響力を持ち始めたため敬遠する出版会の動きがあったことと、方法意識が出尽くしたことから停滞した。
  • 昭和40年代初め、前衛短歌の停滞後初めて本格的に近代短歌に向き合う動きが出てきた。
  • 戦後の前衛短歌運動を批評の立場から推し進めた。
  • 昭和30年代になると前衛短歌運動が起こった。
  • 塚本邦雄らの前衛短歌は、これに呼応する形で反論的実践として推進されたといわれている。
  • 現代短歌は前衛短歌から始まったとも言われる。
  • 安保闘争後、前衛短歌が行き詰まりを見せ、新たな表現方法への移行も出来なかったこともあり、短歌は目標や思想を喪失していった。
  • 戦争賛歌を発表していたことから戦後は戦争責任を糾弾されるも、塚本邦雄や岡井隆らの前衛短歌運動の中で再評価の機運が高まった。
  • 初期の歌風は前衛短歌の影響を色濃く受け、時に口語も生かした青春歌や科学者的な世界把握を持ち味とした。
  • しかしバブル経済の表層的文化で育った口語性と都会性、脱私性により、前衛短歌以来の近代短歌からの脱出が図られたのである。
  • 現代詩の暗喩技法を取り入れながら、ナショナリズムなど先鋭的な主題を表現することで現代短歌に思想性を導入し、前衛短歌運動の旗手の一人となった。
  • 前衛短歌は、比喩の導入、句またがり、記号の利用といった技法上の特徴が数多くあるが、作品の主人公と作者が異なる、虚構を詠っている点が最大の特徴である。
  • 反写実的・幻想的な喩とイメージ、明敏な批評性と方法意識に支えられたその作風によって、岡井隆や寺山修司らとともに、昭和30年代以降の前衛短歌運動に決定的な影響を与えた。
  • 詩歌の世界においては、中井英夫に見いだされた塚本邦雄や寺山修司らの前衛短歌運動により、幻想的な表現が注目された。
  • シュルレアリスムの方法などを応用した作品群であり、文庫版の解説で塚本邦雄は「現代前衛短歌のルーツとも言ふべき『新風十人』は、この克巳第一歌集よりおくれることまる三年、昭和十五年七月の刊であつた」と、その先駆性を指摘している。
  • 自ら資金を提供して寺山修司、塚本邦雄、菱川善夫などに執筆の場を与え、前衛短歌のフィクサーとして活動した。
  • だが、邦雄の業績で特筆に値するのは、岡井隆や寺山修司とともに1960年代の前衛短歌運動を成功させたことである。
  • 前衛短歌運動は、塚本邦雄の衝撃的な表現から始まり、「短歌研究」編集長中井英夫の賛同を得、岡井隆・寺山修司といった同志を獲得し、歌壇全体に影響を及ぼした。
  • 寺山修司、岡井隆、塚本邦雄らの歌壇活動を後見し、前衛短歌運動のプロデューサー的役割を果たした。
  • 寺山修司、岡井隆とともに「前衛短歌の三雄」と称され、独自の絢爛な語彙とイメージを駆使した旺盛な創作を成した。